2005/08/09

コミックバトン

コミックバトンです。
Corleone商会 雇われ社長日記」ヴィトーさんのトコから、バトンを貰ってきました。「てくてく歩こう!」Harryさんも渡そうとしてくださったようなので、いただいておく事に(笑)

特に指定の無いリンクは、Wikipedia・Amazon・Hatenaとかへのリンクです。

■本棚に入ってる漫画単行本の冊数
0冊。
うちには本棚というものが一つも無いのです。
収納とか袋や箱に入ってるとか平積みとかです。

漫画に限らず、本自体、相当数あるかと・・・。
パンフレットとかレシピもありますしね。
最近だいぶ抑えるようになりましたけど、収集癖あるですよ。
雑貨と本の多いこと。

漫画以外で最近買った本は、ピエ・ブックスの「きんぎょ」。分厚くてほとんどカラーの本。当分きんぎょを眺めてうっとりできます。ふふふ。

ええと、漫画ですが〜。
雑誌は見て無いので、基本的に人から進められた物を読んでます。
借りて面白かった本を買うことも多いです。気に入ると何度でも読むので。

■今面白い漫画
連載中のはずのものを挙げます。
上にも書きましたけど、雑誌見ないので、最新の話は分かりません。。。

蟲師 1〜6』漆原友紀(著) アフタヌーンKC
舞台設定は、少し昔の日本みたいなトコロ。
蟲は、虫とも人間とも違う生命を持っているもの。見える人と見えない人が居たり、人と関わりあう事もあったり・・・妖怪とかに近いイメージのものなのかなとー。
妖怪ぽいと言っても恐い話ではなく、静かなイメージの不思議なお話です。
基本的に一話毎に完結しています。
今、一番続刊を楽しみにしているお話です。

ヨコハマ買い出し紀行 1〜13』芦奈野 ひとし(著) アフタヌーンKC
6巻までしか読んでません。まだ買ってる途中なのです。
舞台は、未来の日本。
温暖化で水位が高くなって、いくつもの町が海に沈んでいく世界のお話。
でも、物語は悲壮な感じではなく、むしろ暖かい日常の話が多いです。
読んでいると心がゆったりとなれる、良い話です。すごく良いと思う。
これも、基本的にショートストーリィぽい。

百鬼夜行抄 1〜13』今市子(著) 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス
舞台は現代。妖怪・幽霊とかが出てくるお話です。
基本的に一話毎に完結で、ユーモラスな話もあり、恐い話もありです。
主人公の近くにいる妖怪の性格が楽しくて好き。

妖怪物は好き(一時期、京極夏彦さんにスゴクはまってたし)だけど、ホラーが好きな訳じゃないってコトで、絵が綺麗なこのお話は結構好みです。
あーでも、有名な妖怪がイロイロ出てくる話では無いです。
幽霊・物の怪とかそんなイメージのものが多い・・・のかな?んー?

うーん、一話毎に完結するお話だらけですね。
そういうの好きだとは思っていたけれど、そればっかりになってるとは・・・。

■最後に買った漫画
『百鬼夜行抄』の最新刊の13巻。

■よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
上の以外では〜・・・。

1.坂田靖子さんの漫画。
ショートストーリィが得意な作家さんです。
シンプルな線の絵とストーリィ、温かかったりシュールだったりする、独特な世界が好きです。ほのぼのとしたコメディ風のお話が多いですね〜。怪異譚や童話、シリアスなものもあります。
でも、すっごく作品数が多いので把握しきれてません。
だいぶ揃えたと思うのに、まだ見たこともない本があるし・・・。
古本屋で探すしか無い本も沢山あるし・・・。
実際、古本屋で何冊も買ってます。じゃないともう手に入らないものが沢山;

好きな本を挙げようとすると「バジル氏の優雅な生活」「叔父様は死の迷惑」「ビーストテイル」「闇夜の本」「カヤンとクシ」「珍見異聞」・・・っと持ってる本を片端から並べてしまうので、最初に人に貸す時に選ぶものを↓

マーガレットとご主人の底抜け珍道中(旅情篇/望郷編)』
舞台はイギリス。好奇心旺盛で旅行が好きなマーガレット奥さんとご主人のお話。ショートストーリィです
日常の事や出合った人や物を大切にして、楽しく暮らしていけるのは理想だと思います。こんなふうに暮らしていけたら良いですねぇ。

天花粉
登場人物・舞台設定もバラバラなお話が並ぶ、全体的にほのぼのとした印象の短編集です。
妖怪とか妖精?とか出てきたりします。
この人の本で妖怪が出てきても「妖怪物」的な恐さとかはないです。
なんというか、当たり前にそこに居るような〜。絵柄と作風なんでしょうけれどね。

2.「グラン・ローヴァ物語 1〜4」紫堂恭子(著) 潮出版社
多分、今だと角川書店版(AsukaDX)が売ってるかと思いますが・・・あの表紙はちょっと・・・きらびやか過ぎてイメージが違うような;
前の黒を使ったデザインが、それらしくてカッコよかったのに勿体無い!
まぁ装丁のお話はともかく。

ファンタジーらしいファンタジーの世界のお話です。
でも「剣と魔法の物語」ではなく、別世界のお話。
「地に足がついたファンタジー」と評されているのを見たことがあります。納得。

賢者のフリをして宿と食事を手に入れていたケチな詐欺師サイアムが、なぜか放浪の大賢者(グラン・ローヴァ)と共に旅をすることになり・・・って書くと、そうだけど何かが違う。うーん。
賢者は、小さくて元気でお気楽なおじいちゃんで、何も教えてくれないし。
綺麗な少女がでてきたと思ったら、蛇だし。
少女マンガだけど、ちょっと話が渋めな、読み応えのあるお話だと思います。
心が疲れていると思う時、何か大切な事を忘れてしまってる気がする時に、読むコトが多い本です。

3.「観用少女(プランツ・ドール) 1〜4」川原由美子(著) 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス
続きが出ないから、連載終ったのかしら・・・?
珍しく、表紙を見て衝動買いした本です。絵が綺麗だったので〜。

「貴族の楽しみ」といわれるほど高価な、観賞用の少女の姿の人形(プランツ・ドール)の出てくるお話。
何か悩みや問題を抱えている人が、プランツと関わる話が多いですね。
でも、プランツドール自体は人形なので、話し相手とかになるわけでもなく、そこにいるだけ。ミルク飲んだり微笑んだり。解決とかするわけじゃありません。悩むのも人生の転機にいるのもバタバタと立ち回るのも、その回に出てくる人々です。
なので、プランツドールがよく出てくるお話の短編集といった感じですねぇ。
ダークな話もあり、優しい印象のお話もあり、です。

まぁなんと言うか、プランツドール可愛いですよ。

4.5.
なんだかもう十分書いた気がします。
なので、後はいろいろタイトルを並べておきましょう。マイナーな物多い気がするので、有名どころ込みでね。
ファイブスター物語」「風の谷のナウシカ」「夢幻紳士」「ピンポン」とか・・・そんな感じです。

Harryさんとこで見てから、以前人に借りた「MASTERキートン」をまた読みたいと思う今日この頃。でも借りるあてが無く・・・。ヨコハマ買出し紀行を買い終わったら、探して買おうかなぁ。買って損する本じゃないと思うけど、これ以上蔵書を増やしてどうする というのが悩むところです。うーむ。

■バトンを渡す5名
前回のゲームバトンを受け取ってくださった方や、なんとなくコレを見て下さった方で、書いてみようかなーって人がいらっしゃいましたら、バトン持って行ってくださいませ。
TBorコメントいただければ、ココへリンク貼ろうかなと思いますー。


・・・長かったですね。ここまで読まれた方、おつかれさまでした。


[ 追記。バトンもっていっていただきました。ありがとうございます! ]
赤髭のようにコミックバトン スケロクさん

この記事へのコメント
何だか、横から割り込む形になってしまって申し訳ないッス・・・

えーと、ファイブスター、僕も好きです。
なかなか続きが出ないんだけどね。(笑)

むか〜し、バンドやってた仲間内で、流行った時期があったんですよ。
で、同じ学校の女子に、各ファティーマを割り振って、『裏あだ名』にしたりして。。

あー、今頃僕たちの「ラキシス」は何をしていることやら・・・(笑)
Posted by Harry at 2005年08月09日 21:59
謝られると困っちゃいますよう。大歓迎です(*'-')

裏あだ名ですか、そんなものがっ(笑)
ファイブスター、本当に続き出ませんよねぇ。12巻が年内発売らしいですけど、ちゃんと出てくれるでしょうか〜。
一時期なんて「Tales of Joker」まで買ってましたよ。キリがないので、途中で諦めましたけども(-_-;
Posted by アイラン at 2005年08月10日 11:36
答えてくれて、ありがとうございました。
でも・・・

「ナウシカ」以外、聞いた事すらないです。
そのナウシカも原作がマンガだということを今知りましたorz
Posted by ヴィトー at 2005年08月11日 00:22
あはは;
興味のある本は、大きな本屋さんに行かないと見つからない・・・という感じのマイナー具合です。漫画読まない方には余計に分からない物だらけでしょうねぇ。

ナウシカの映画は、確か全7巻のうち1巻分の連載しかされて無い時に作られたと聞いた気がします。
映画は子供にも薦めるけど、漫画は薦めないです(私も社会人になってから読みましたし)。でも、面白いと思いますので、機会があれば読んでみてくださいませ。
Posted by アイラン at 2005年08月12日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


(´-`).。oO(コミックバトン・・・)
Excerpt: コミックバトンが回ってきましたyo。 バトンを受け取ってくれる方、募集中!! ヽ(´∀`)ノ Q1:あなたのコミックの所持数は?  自宅には40〜50冊くらい。実家の倉庫に200冊くらい。 ..
Weblog: てくてく歩こう!
Tracked: 2005-08-09 22:01

コミックバトン
Excerpt: 友人のブログを回っているとコミックバトンなるものを発見。 回答好きの血が騒いだのでもらってきてしまいました。 というわけで回答始めます。 長〜いので 続きを読む からどうぞ。   ..
Weblog: 赤髭のように
Tracked: 2005-08-10 21:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。